読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よるのしじま

ニートの季節

或るニートの朝3

いつものように深夜の静寂を堪能した。

夜は生きやすかった。

真っ暗な部屋…青白いテレビの明かりと…その画面に幸せそうな女の子。

唯一の安らげる空間だ。

 

画面の中の日常は30分足らずで幕を閉じる。

少し寂しいなと想いつつ、時計を見遣ればもう夜明けが迫っていた。

秒針に急かされこみ上げる不安に顔がひきつる。夜のしじまを諦めて寝室へと向かう。歯磨きを済ませておいてよかった。

 

空腹はピークに達していた。眠剤投入のタイミングとしてはこの上ない。

が、しかし…薬入れを開けて悩む。

残薬が少ない。抗不安薬で代用しても良いけど、そっちはさらに損耗が激しい様子。

最近耐性もついてきた。そろそろ断薬の時期か…?

 

そうして、今日の夜明けは眠剤無しでやり過ごそうと決めた。

薬を飲まないならと、込み上がる胃酸を抑える為ブラックサンダーを齧る。安い割にカロリーも高かった気がするしサイズ感もちょうど良い。何より美味しい。優秀。

 

 

…短針は依然として右下でだらけている。なんだか動悸がしてきた。眠気は来ない。気づけば空も白んできた。窓を開けてみれば東の空にポツンと明けの明星。

気高いその光は白い朝の気配に飲まれまいと、その存在を鋭利に訴えていた。

なんだか救ってやるような傲慢な気分で、その煌めきを写真に残す。縮こまった明星は不憫に思えて、焦点を外した。

これで存在は伝わるだろう。



f:id:vanirain:20170512114113j:image



カーテンを閉め、逃げるように布団に潜る。

まだ眠気は来ない。不安だけが秒針のリズムで肺を包み込む。背すじを這い上がる。

 

どれくらい経っただろうか。もうすっかり朝だった。身震いする。

そろそろきつい。断薬はものの数時間で諦める事として、眠剤を口に放り込んだ。

布団に戻り、amazarashiを聴きながら理性が歪むのを待つ。…1h待っても来ない。中途半端に減薬したのが原因か……追加する。

 

…………来ない。理性を溶かす酩酊が、さしあたっての生きる意味が。

少し絶望して、なんだか自棄になって、安ワインを流しこんだ。…凄く不味い。即座に水で洗い流して、寝室に戻る。

足も思考もふらつかせ、よく分からないままカーテンの陰に座り込む。窓越しに人の声…いつの間にか短針は起き上がっていた。

その事に意味もなく落胆して、項垂れた視線の先…スマホを意味もなく手に取った。

そうして、今に至る。

 

すっかり眠るタイミングを見失ってしまった上に、ただでさえ不足気味の眠剤をムダにしてしまった。

今日はこれからどうしようか……明日は…今年は…将来は…人生は。いつもの思考のループ。

死にたいのかな、生きたいのかな。

生きる意味は…?

うっかり誰かに洩らせば、馬鹿馬鹿しいと返ってくる疑問。それはそうだ…1年前ならこんなこと思いもしなかった。

 

多分今日も、そんな物とじゃれあって夜を待つ。苦痛なだけだ…何も出てこないというのに。やっぱり馬鹿馬鹿しい。もう選ぶだけだというのに。

 

それにしてもあのワイン、どうしようかな…('A`)