よるのしじま

ニートの季節

透明な膜とオリオン座

気づけば外は冬だった。 斜め上を見遣ればオリオン座が悠々と、夜に息づいている。 久しぶりの外気は凛と透き通っていて、どこまでも冷たく、清潔だった。 ソシャゲの通算ログインボーナスで、あっという間に月日が過ぎていたことを思い知らされる。 ……だか…

金木犀の匂い

乱雑なペースで日記を書きはじめた。それがブログの代替になっていたせいかもしれない。久しぶりの更新になる。 そもそも、書く気力が無かった。これもただしい。 ……遅れた理由なんてどうでもいいね。ごめんなさい。…そもそも謝る必要もない。これはいつかの…

酩酊と夜の窓辺にて

僕はまだ生きている。これを書いている時点で分かり切ったことだけれど、僕は自嘲することで少しの安心を得られるから、無駄な言葉を連ねることを許してほしい。 そもそも、ここは僕のための備忘録なんだから、許しを乞う必要もないんだけどね。 さて……季節…

6月の雨とサマー・コンプレックス

相変わらずのうのうと生きている。 季節は梅雨へと突入し、蒸し暑い日々が続いている。雨そのものはそんなに嫌いではないけれど、暑さの野郎が同居しやがるととても恨めしい。 そんな風にして着実に季節は移ろう。相変わらずの僕を連れ回して。 じりじりと迫…

水面直下の朝焼け

海底と水面直下を行ったり来たりの日々。 急浮上するとガラリと変わる世界の見え方に戸惑う。 自分は生きた方がいいんじゃないか?自分は幸せになれるんじゃないか?とまで思うほど。 まあ浮上は薬とお酒あっての話なんだけれども… で、昨晩もいつものように…

待ち遠しい

眠っている時間が減った。 おそらくは抗うつ剤を増やされてから。一日15時間ほど眠っていたところが8時間くらいまで縮んだ。 少し前まで起きている時間はとても苦痛だった。(今も好きではないけれど) せっかく時間がたっぷりあるのに……やりたい事も思い浮…

或るニートの朝3

いつものように深夜の静寂を堪能した。 夜は生きやすかった。 真っ暗な部屋…青白いテレビの明かりと…その画面に幸せそうな女の子。 唯一の安らげる空間だ。 画面の中の日常は30分足らずで幕を閉じる。 少し寂しいなと想いつつ、時計を見遣ればもう夜明けが迫…

月がきれい

眠ってばかりいる。 その理由はおそらく…理由が無いからだと思う。 起きる理由が無いから。目的が、義務が無いから。 (やるべき事は幾らでもあるのだけれど) どこかへ行く必要もないニートな上に、起き上がってまでやりたい事も無い。それに起きていても憂…

戯れ言

数か月前から死にたくなった。 どう生きようと、どうせ死ぬから。 たとえどれだけ幸福な人生を送ろうと死んでしまえば全てが無に帰してしまう。その底抜けの虚しさが怖くて怖くて仕方なくなった。 そんな当たり前で残酷な事実(?)から、目を逸らせなくなった…

或るニートの朝2

夜明け前、いつものように眠剤を流し込む。 いつものように朦朧した頭で、いつものように、無性に淋しかった。いつものように感傷的で、いつものように憂鬱なもうろう状態。 今朝は少し浸り過ぎたようで、気づけば朝を迎えてしまった。 最近は…というかここ…

或るニートの朝

今朝はいつもの通り眠剤をゴクゴクしたんだけど、理性は飛んで興奮作用も相まって寝る気にならなかった。 だからまず、朦朧とした頭で外に出た。 まだあたりは群青色で…空には錐で穿った様な星々。夜は崩れていなかった。 そこに安心して、公園へ向かった。 …

現実逃避とニっヒー

いまさらだけれど僕はメンヘラだ。 精神科に通っているとはいえ、自律神経失調症でしかない(同病患者を軽んじているわけでは決してない)から、心を病んだ人達が陥りがちな状態…に在る人、みたいな意味のメンヘラ。精神病患者ではない。ここでは特に蔑称。 …

未来が煙った朝の珈琲

昨晩から眠剤2つほど使用したけど眠れずに朝を迎えてしまった。 朝は嫌いだ。絶望の朝だ。 いいことなんか何も待ってやしない。 そんな一日の始まりを告げる朝焼けを 迷惑そうにそれでも綺麗だなあと複雑な表情で眺めつつ縁側で煙草を吸った。 まだ2度目だけ…

やめろあああああああ

おま、い、いやや、やめ、めろあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!! なああああああああああああああああああえああああ????! ひ、っああああああああ…

春の海

精神科へ行ってきた。 いつもの様に淡白な診察。 薬の種類も量も会話すらも大して変わらないもんだから、本当に前へ進んでいるのかと不安になってしまう。 まあ結局、指針も、歩き出すタイミングも、歩くスピードも、決めるのは自分なんだけど…。 それでもア…

3Lくらい汗かいた

今夜は21時を過ぎたあたりからテンションがおかしくなった。 異常にそわそわする。いまにも何処かへ吹っ飛んでいきそうなほどに。 きっとアドレナリンどばどばだ。いつもこうなら良いのに。 とりあえずその勢いを借りて、就寝前のルーティン的なものをさっさ…

オナニー広場。

初めてブログを書くけれどなんだか想像以上に恥ずかしい。 僕はニートです。 月曜のこんな明け方から更新できるのはそのおかげ。 現在は深夜徘徊の途中。 青白い自販機の群れの陰で、スマホのバックライトに不気味に顔を浮かび上がらせつつ、これを打ってい…