よるのしじま

ニートの季節

或るニートの朝2

夜明け前、いつものように眠剤を流し込む。

 

いつものように朦朧した頭で、いつものように、無性に淋しかった。いつものように感傷的で、いつものように憂鬱なもうろう状態。

今朝は少し浸り過ぎたようで、気づけば朝を迎えてしまった。

 

最近は…というかここ数カ月は、この明け方の朦朧の為だけに一日をやり過ごしている。

ほかには本当にろくな事をしていない。死んだ様な日々だ。

 

障子越しの水色には、もはや夜の残滓は感じられないが、副作用の残り滓がどこかへ行きたいと叫ぶ。

日中の外出への不安も朦朧で包み込み、自転車を引っ張りだせば朝に走らせた。


f:id:vanirain:20170505063543j:image

いつもの朝日を拝みいつものコンビニに向かう。食料諸々を買ったのち、コンビニ近くの知らない公園へ。

休日のまだ閑静な公園、ベンチに座って早朝の瑞々しい空気と煙草の煙を取り込む。

朦朧とした頭は未だに妄想を吐き出し続けているが、そんなのはぼんやりと無視しつつ煙を吐き出す。芝や雑草が青々しい。朝露が陽の光を思い思いに煌めかせていた。

 

早起きの老人がやって来たので、すぐさま自転車に飛び乗り帰路につく。

 

全身で忌々しい朝の風を感じながら、薬で呆けた顔で漕いだ。

そうやってなんとか家まで辿り着き、コンビニで買った食料を口へ運びながら、今これを書いている。

 

今食べているのはおろしうどんだが、こんなもん買った覚えは無い。ついさっきの出来事ではあるけども。

第一、うどんを食べるなら冷凍うどんのストックがある。

まあこれも副作用だから仕方ないけど、たまに呻きたくなる様な行為をしでかすから困る。

まあ、そんなのが最近は日常茶飯事。

 

 

それで…現在に筆が追いついてしまった。

 

ああ…早く夜にならないだろうか…('A`)

或るニートの朝



今朝はいつもの通り眠剤をゴクゴクしたんだけど、理性は飛んで興奮作用も相まって寝る気にならなかった。

 

だからまず、朦朧とした頭で外に出た。

まだあたりは群青色で…空には錐で穿った様な星々。夜は崩れていなかった。

そこに安心して、公園へ向かった。

小さい頃はよく遊んでいた。

崖の上に在って、夜明け前のまばらな街明かりが良く見渡せた。

ニートになるまで、こんな時間に此処へ来る事は無かった。

こんないい景色なのに…勿体無かったな。そんな暇も、余裕も無かったか…ごめんな。

まあ、今は…こんな時間じゃないと外に出られなくなったんだけどな。

 

ブランコに腰掛けて、煙草を取り出す。

夜気に吐き出された煙を眺めて、煙草は意外と詩的だなと思った。

なんだかむしゃくしゃしたから、足元に灰を零して、まだ赤く燃えるそれを滲んだ街明かりへとぶん投げた。赤の軌跡が東雲に融けて、暗がりへと消えた。

 

まだ薬が残っていた様で、気づいたら朝露に濡れた雑草の上に寝っ転がっていた。

見遣れば無数の星。綺麗だけれど、数時間もすれば皆居なくなるんだと思ったら、余計特別な物にみえた。

 

一旦家に帰り、未だ抜けない薬の興奮作用を利用してやろうとコンビニへ自転車を走らせた。

僻地に住んでいるから20分くらい掛かってしまう。

引きこもりの筋肉があげる悲鳴も、薬の酩酊で誤魔化しつつ、ペダルを踏んだ。

途中、橋の上で停まる。ここは朝焼けがよく見える。

そういえば通信制に移ると決めた朝も、コンビニ帰り、ここから朝日を見ていた。

 

そしてセブンイレブンへと急ぎ、いつもの食料と、最近口内炎がひどいのでサラダを買った。

効いてくれよ…ビタミンB…

レタスにBって含まれてたっけ…?

まあいいや…

 

そして帰宅。これまた眠剤が増進してくれる食欲を利用して、カップ麺を啜り、サラダを食べる。

噛むたびに口内炎が痛かった。

 

食後に紅茶を淹れた。そのうちカモミールの方も買い足そう。

 

断熱タンブラーの底の方に、沈んだ砂糖。

最後の一口は、とても甘かった。

 

いつも…今日の様に朝を迎えられて

いつも…紅茶の甘さを楽しむ余裕があるならば

少しはこの生活も幸せになるのだろうか

 

 

結局は、気の持ちよう。

 

今日はカウンセリングの日だ…

そろそろお休みなさい('A`)

 

 


f:id:vanirain:20170502063033j:image

 

 

現実逃避とニっヒー

いまさらだけれど僕はメンヘラだ。

 

精神科に通っているとはいえ、自律神経失調症でしかない(同病患者を軽んじているわけでは決してない)から、心を病んだ人達が陥りがちな状態…に在る人、みたいな意味のメンヘラ。精神病患者ではない。ここでは特に蔑称。

 

 

 

というのも正直、自分の今の状態は心の持ち様でかなり改善できるものだと思っている。

うつ状態社会不安障害的な面は薬が無いとどうしようもないけれど)

 

 つまり極端に言えば甘えんなカス、というわけです。

(あくまで自分に限った話)

 

 

 

でも、だ。それでも、どうせ死ぬのに生きてなんの意味が…と絶望してしまうのは事実なんだ。

そんな事に本気で頭を抱え、不安を紛らわそうと酒を飲んでみたり眠剤を乱用してみたりする不規則な生活は抜け出し難い。リスカも嵌まりかねない。

 

 

ももしかしたらその不安すら

(僕はもうレールから外れてしまった…いまさら真面目に生きても碌な人生歩めないじゃないか…そんなのは耐えられない。え…戻れる…?でも多大な努力が必要…?あぁ…嫌だ生きたくないなぁ…)

とか甘ったれた心が自分をも騙そうとこっそり発行させた免罪符なのかもしれない。

 

不安に苛まれていれば、前を向けなくても、罪悪感に苦しめられることはない。

 

 

 

 

前に、「子供が生まれたら親は生きる意味ができそうで良いよな…」みたいなことを書いたけれど、そこを目指す気もない。

 

目指すも何も、そもそも重度のコミュ障だとか性格がゴミだとか頭おかしいだとかどう考えても恋愛できねえだろお前…っていうのはある。

けれどそれを差し引いても、子供をつくること自体が気に食わない。

 

さすがに子連れを見るたび

「子供を作るなんてお前頭おかしいんじゃねえのか…?この世界に生を受けさせることがどんだけ残酷なことか1度でも考えたことはあんのかよ子供は抗えないんだぞ??こんな虚しい世界に無理やり連れて来られて生まれる環境だって選べやくぁwせdrft(ry」

とはならないけど、気分が落ちている時ほどこれに近いことを考える。

 

あと反出生主義ではない。ほとんど感情論で主義とか言えるほどしっかりした考えも知識もない。

あんまりこんなこと言ってると

「その歳まで育ててもらっておいてなんて言い草だ…!?甘え過ぎなんだよてめえはそうやって自分の人生に満足できねえから駄々こねこのゴmくぁwせdrft(ry」とか浮かんでくるのでもうやめておく。

 

 

 

それで何が言いたかったのか忘れてしまったけれど、要は甘えんなカスに尽きる。

 

目的地がわからない。いやまず自立しろよksとか、そういうもんだけどみんな取り敢えず進んでんだよksとかいう話は置いておく。

 

疑問を何度も繰り返す。自分なんかの手に負えないのではないかという疑問もある。知識も乏しい。何処へどう進めば納得できるのか。クソみたいな現在地だけは在る。指針がぐるぐる回る。未来はどっちだ。

本当は分かっているのかもしれない。怖いだけかもしれない。ああなんか前にも同じこと書いたような気がする。

 

つまりは……希死念慮を伴ったニヒリズムニートらしい現実逃避の狭間で悶えていた。
f:id:vanirain:20170430034311j:image

 

 

 

そろそろ眠剤が効いて理性が融けてきた。

とりあえず…きょうはおやすみ。

 

 

 

 

未来が煙った朝の珈琲

昨晩から眠剤2つほど使用したけど眠れずに朝を迎えてしまった。

 

 

朝は嫌いだ。絶望の朝だ。

いいことなんか何も待ってやしない。

そんな一日の始まりを告げる朝焼けを

迷惑そうにそれでも綺麗だなあと複雑な表情で眺めつつ縁側で煙草を吸った。

 

まだ2度目だけれどたしかに美味しかった。

珈琲の旨さと香りをギュッと詰め込んだ煙を、口に含ませて味わうって感じだった。

ただいちいちライター出したり吸い殻処理したりが面倒でしかも値段が高いのがうーん。

 

 

それ珈琲でよくね?とも思えるけれど、過敏性腸症候群のため珈琲は飲めない。いや飲めるけど、腹壊す。

その点で都合が良い。

 

で、なんか煙草吸いつつ珈琲飲むとそれがまた美味しいらしい。のでやってみたら確かに美味かった。

そう、香りと味のダブルパンチ²みたいな感じ。

 

それで、つまり、この文は、

トイレで腹を壊しながら痛みに顔を歪め額に脂汗を滲ませながら書いてる。

 

 

 

未だ眠剤の影響下にあるからだろうか

とても精神状態が不安定。

意味不明なたとえだけれど、背中にブラックホールでも出来た気分だった。

とにかく、未来が見えない。見られない。

死にたく無いから死にたい。

 

そんな感じだった。

 

 

 

じゃあまた今度('A`)

 

 

 

 

頼むからこの虚しさから連れ出して

だか、ら、はやく効けよ、、、、薬、、!!!!!

 

なんでこんな虚しいんだよなんでこんな悲しいんだよなんでこんな苦しいんだよ

この世界は何なんだよどこまでが世界だよ

どうせ死ぬんだよ…っ!草木も花も、深夜の自販機横で泣いてるあいつも、俺が好きになりたかったあの人も、絶望に死んでしまったあいつが、遺した、あの分らず屋な父親も!!!

 

 

だからもう、どこまでもこの意識を飛ばして…

広い海原、このちっぽけな世界一大きな青の上で爆発させてチリひとつ残さず燃やし尽くしていやそれでもだめだ!人類が滅びた後もその先も永遠に永遠なんて言葉じゃ表せないほど永遠に、消してほしいから、原子のひと粒ひと粒まで、だから、ぼくは、消えたいんだよ!!!!!!!!!

 

それができないならせめて、はやく、薬よ、効いてくれ、、、、、、、、!!!!!!!!

 

俺はもうつかれた

これっぽっちもこの世界には飽きちゃいないけど、この世界の底抜けの恐ろしさには辟易するから、もう不安になりたくないから、もう苦しみたくないから、もう悲しませたくないから、もう悲しみたくないから、消えてしまいたいから、そんな愚かな僕だから

 

そろそろ、!意識よ、、、、!きえてくれ、、、、、、、!!!!!!!

 

 

 

ああああああああああああああああああああああたたたたたたたあああああああああああああああああい✽✽△✭+ああああたあああああああああくそくそこくそくそちくしょうなああああああああんでだよあああああああああああああああああねなあああああああああああああああねたくないしにたくないいきたくないきえたたいああああああああああああああちくしょああああああ

 

 
f:id:vanirain:20170427040256j:image

 

やめろあああああああ

おま、い、いやや、やめ、めろあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!

 

 

なああああああああああああああああああえああああ????!

 

 

ひ、っああああああああああああええ??

ああああおおああああああああああ????

 

 

 

 

うああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああたああたあああああたたああああああああああたあああおおおちつけあああああああああああああああああああああああぁぁぁあぁぁぉぁあぁぁぉどぁあああああああああ、、、!!!!!!!!!!

 

 

、、、、、!!?、、、、、!!!!!ら、!!!!!!

 

 

 

くすりだあああああああああああああああああああああああ

あああああああああああああああああいああああああああああああの

むあああああああええああああんごあああっくああああああああああああああああ✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳

 

 

 

 

(  ´    A` )

 

 

春の海

精神科へ行ってきた。

 

いつもの様に淡白な診察。

薬の種類も量も会話すらも大して変わらないもんだから、本当に前へ進んでいるのかと不安になってしまう。

 

まあ結局、指針も、歩き出すタイミングも、歩くスピードも、決めるのは自分なんだけど…。

それでもアドバイスをくれと頼んだら何か言ってくれるのだろうか。それを聞いて何か変わりはしないだろうか。救われないだろうか。

 

 

生きる意味とは何だ。寝起き一杯の珈琲くらいのもんか。

お腹が弱いから、寝起き一杯の珈琲だって飲めやしない。

小さな子を持つ親が羨ましい。それだけでしばらくの生きる理由になる。

 

 

方角も判らず暗闇を彷徨ってる気分だ。同じ所を延々と廻っているんじゃないだろうか。ここは何処だ、どうしてみんなは歩いていけるんだ?どこを見ている?なにが見えている?そもそもみんなは本当に居るのか?みんなって誰だ?

 

自分の目を両手で塞いで「なにもみえない、こわいなぁ」と歩けない理由を造っているだけかも知れない。

 

それでも…何も見えない。それに変わりはない。それだけが今、目に見えている問題だ。

暗闇を松明で照らして、見えない問題をわざわざ探り出す勇気はでない。

つまりもう長いこと、思考を停止している。

 

 

 

どうせ人生は、人は、最期の最後まで孤独なんだ。…そう思いたい。

他人に意味づけを施せば、巧く自分を騙せれば、そのどうしようもない孤独感も淋しさも多少紛れるのかもしれない。

でも未だにその技術が拙い。

他人と積極的に触れ合うなかで、傷ついてしまうのが怖い。誰かに頼って、弱者の側に立つのが怖い。所謂ガキだ。

 

こんなにも今、自分は周囲に頼りきっているというのに。なんて清々しくないクズだ。

 

普通の人が無数の生傷をつくりながらも転び方を学び、成長していくその横で。僕はもう怪我をしたくないんだと家に引き篭もってしまった。

 

もう死んでしまいたい。そう叫んでは千切れそうなロープを弄ぶ。水底の憂鬱から抜け出した今となっては、そんな毎日を過ごしている気がする。

 

 

今日も本当に天気が良い。

久しぶりに釣りに行きたいなぁ…。

きっと海の中は、まだ冬なんだろうけど。

 

 

じゃあ、また今度…(('A` ≫゜))))彡