よるのしじま

ニートの季節

6月の雨とサマー・コンプレックス

相変わらずのうのうと生きている。

 

季節は梅雨へと突入し、蒸し暑い日々が続いている。雨そのものはそんなに嫌いではないけれど、暑さの野郎が同居しやがるととても恨めしい。

 

そんな風にして着実に季節は移ろう。相変わらずの僕を連れ回して。

じりじりと迫る眩しい夏に、どうしても理想の夏を思い描いてしまう。

ゴミ屑みたいな毎日を過ごす僕は今日も天気予報に怯える。

 

突然だけど、僕はここ半年で生まれ変わったような気がしている。というのも、それまで自我らしい自我を持っていなかったから。世界に対して、自分に対して、思考を止めていた。この辺の原因は親の過干渉とか異常な束縛にあったんだけれど、終わった話だからもう良い。

 

問題は、これからどうするかだ。

文字通り生まれ変わった僕は、まず生きるのか死ぬのかから悩まなくちゃいけない。…気づいたら生を押し付けられていたから仕方ない。

だから、まず自分の価値観の正しさを測ろうと思った。なんせすべてを賭けた選択だ。正常な判断を下したい。

気分の変調に伴って視座の乱高下が酷い。

水面下の日々でも、余りに浮き沈みしていては世界観が定まらない。

だからまず、抗うつ剤抗不安薬を断って水底に戻ることにした。そもそも死ぬ覚悟があるのか…それを測るには最低の気分になるのが手っ取り早いはずだ。

 

断薬は5日間が限界だった。途中から夜の重さに耐え切れず酒類の助けも借りたが、つら過ぎた。あの調子で数ヶ月もやれば自殺できるんじゃないだろうか。そう思った。

 

次は水面直下…もしくは水上の視座に立ちたいと思う。もしかしたら、その視界からは希望が見えるかもしれない。「死ぬまで胸を焦がし続けてくれるような美しい何か」が見つかるかもしれない。誰か、でもいい。そんな何かが居たのなら、僕は死ぬまでそれに加担する。勝手に着いて行く。だから導いて欲しい。貴方が信じるものを信じ続けてくれるのなら、貴方が貴方で居てくれるなら、行き先なんてどこだって良い。そこが僕の死に場所だ。

…そんな淡い期待も持ちながら始めた。

 

やる事といっても、薬をちゃんと飲むことと、太陽光を浴びることぐらいだ。

そもそもこの視座で希望が見えたからって、薬ありきじゃん。一生薬やめらんないじゃん」

確かにその可能性はある。けれど、僕が探しているのは希望という名の救いだ。それは神のようなもので、絶対的なものだ。だから、たとえ僕が水底に沈もうとそれさえあれば生きていける。それ故に救いと呼ぶのだから。

 

 

という訳で途中経過としては、なんだか希死念慮は薄まっているように思う。この視座では死ぬのが怖くて仕方ない。死ぬ覚悟は到底できない。まあこれは水底に期待する事だ。陽のあたる水面直下の仕事は希望を見出すこと…だけれど、まあ見つからない。取り敢えずは気長にやろう。せっかく高い視座に立てるのだから、それも利用して運転免許でも取っておこうか。いつか役に立つかもしれない。

 

 

特に話すこともなくなったから、疑いの話。上下する視座に正しさが見えなくなってくると、こんな事を思う。

「この虚しさも憂鬱も思考も価値観も行動もぜんぶ現実逃避を正当化する為の嘘なんじゃないだろうか」

これは世間の価値観を正しいとした時の考え方だけれど、否定できない。でも認める事も出来ない。そりゃあ水面下の生活でこの考えは強まる一方だろう。でもじゃあ水底はどうする。水面下で正しいことでも水底では認められない。底なしの絶望的な虚しさは確かにそこにあったのだから。

なんにせよ世間に溶け込まないニートは劣等感も罪悪感も孤独感も酷くて生きづらい。だから生きていく事になったらちゃんと世間に溶け込んで生きると思う。それが水底の生活であろうと水面下の生活であろうと。

 

 

あともう一つ、自我の話。

ようやく芽生えたとは言ったけれど、

絶えず誰かの影響を受けて成り立っている存在に自我なんてあるのだろうか…

 

「我思う、故に我在り」とも言うけれど、あの我とはちょっと違う。

だって疑っている(思っている)「何か」は居るとしてもその思考自体何かに騙されたものかもしれない。騙された主体は存在している?そんなのを自我と呼べるだろうか。そんなのは存在aでしかない。たとえ存在b,cとか区別されていても、その思考すべて騙されたものならそれらに違いはあるのだろうか。

僕は、僕の選んだすべてを僕の思考の結果だと保証して欲しい。だけどきっとそれは無理だろう。…だから死ぬまでこの自我っぽい何かにすがりつくことにする。自分で人生を選んで歩んでいるという悦に浸りながら。

 

 

…長い文を書いていて眠剤が抜けてしまった。

さっき抗不安薬を飲んだにもかかわらず不安が酷かった。あまりに辛いから眠剤で意識を濁していた。

なまじ視座が上がったばっかりに、罪悪感に負け現実を意識してしまい劣等感から不安が生まれたらしい。きっとこの先はこれとの戦いだろう。もしその辛さに挫けて現実に迎合したとしても、希望を探すことは止めないで欲しい。本来の目的はそれだから。それを見つけられないまま現実に戻ったって、次、水底に沈んだときに何もできない。同じ事の繰り返しだ。それは悲惨だし人生の無駄だから、救いを求めることだけは止めないで欲しい。自分の為に。

 

本当に長くなった。今日はなんだか疲れた。掃除をさっさと済ませて、静かな夜の酩酊に備えたい。今の安らぎは、それだけだから。

 

じゃあまた、どこかで…



f:id:vanirain:20170623165441j:image


 

 

 

水面直下の朝焼け

海底と水面直下を行ったり来たりの日々。

急浮上するとガラリと変わる世界の見え方に戸惑う。

自分は生きた方がいいんじゃないか?自分は幸せになれるんじゃないか?とまで思うほど。

まあ浮上は薬とお酒あっての話なんだけれども…

 

で、昨晩もいつものようにコークハイを飲んでいた。テレビには深夜アニメ。画面には楽しげな女の子たちの笑顔笑顔笑顔。暗い部屋で独り、やけに眩しく観える。最近はアニメへの興味も薄れてきた。数少ない楽しみなんだけど。

 

とか肩を落としている内に酔いが回る。覚めぬうちにと歯磨き。布団に潜る。

眠剤を口に放り込む。

ようやく静謐で朦朧としたいつもの夜の始まりだ…と思っていたがなかなか効いてこない。

焦る内に気づけば夜明け前。

薄明に苛立ちながら眠剤を追加して目を瞑る。

久々の幻覚…なかなか酷い内容。無理やり意識を起こしてそれを断ち切る。今朝は眠れないと悟った。

 

久しぶりにと煙草片手に庭先へ。なんだか味が薄い…ふかしてるせいか…?今度は違うの買おう…。

朝日をちらっと眺めつつ部屋に戻る。



f:id:vanirain:20170604052458j:image

久しぶりにとカミソリ片手に洗面所へ。

なんだか効き目が薄い…の割に血は止まらない。というわけで止血しながらこれを書いている。

またクソみたいな一日が始まってしまった。

眠って過ごすか何をして過ごすか…とりあえず希死念慮とどう向き合うかがキモだろう。

 

まあとりあえず…なにか口に入れようか
f:id:vanirain:20170604051616j:image

 

じゃあまた。いつか。

待ち遠しい


眠っている時間が減った。

おそらくは抗うつ剤を増やされてから。一日15時間ほど眠っていたところが8時間くらいまで縮んだ。

 

 

少し前まで起きている時間はとても苦痛だった。(今も好きではないけれど)

せっかく時間がたっぷりあるのに……やりたい事も思い浮かばず、やるべき事への気力も沸かず、黙っていれば不安と希死念慮が交互に訪れる。

人の気配が感じられる昼間は特に苦しい。皆当たり前の様に所属する場所へと赴き、他者と関わり、社会の一員として務めを果たしているんだろう。

僕はいつから「当たり前」も出来なくなった…?

罪悪感や劣等感までのし掛かって来る。

だからやっぱり深夜は過ごしやすい。

 

深夜アニメでも垂れ流して意識を逸らすけれど、数話観た程度じゃ一日は終わってくれない。そう何十話も一気見できるほどの、気力も集中力も無い。

そうして打つ手が無くなる。良くないループに陥っているのは分かる。

つまらないことでもいい、なにか仕事でもこなせれば…。たったの数歩でもいい、外に出て眩い日光でも浴びてみれば…。

そんな些細な事で、気分はガラリと変わるかも知れない。

わかっているけど、その一歩が踏み出せない。

 

だから、起きているだけで苦痛なこの世界から逃げるように眠ってばかりいた。

 

 

つまり睡眠時間が激減したのは、起きている間の苦痛が和らぎ始めたから。

おそらく増えた薬のせいだろうけど、死にたくなる頻度が減った。生きることがさも当然の様に感じられてしまう事が増えた。

 

暗くて冷たくて息苦しい水の底から、光射し込む水面下まで急浮上させられる様で、その度に戸惑う。

今までの思考は、希死念慮は、嘘だったのか…?

…あれは紛れも無く自分の意志だったはず。じゃあ今のこの気分は何なんだ?もうわけがわからない。自分が二人いるようで気持ちが悪い。どっちの自分を信じて行けば良いのか。二人のめざす場所は対極にある。生きるか死ぬか。僕は一人だ。動き出そうにも動けない。

とか言ったけれど、今の今まで死ぬ踏ん切りもつけられなかった臆病者だ。この思考全部、変化を怖がるゴミクズの、動き出さないための言い訳かも知れない。

 

とにかく薬を欠かさず飲んで様子を見守る。いつまた沈みだすかわからない。

次の診察日が待ち遠しい。

 

 

…それにしても暑い。ここ数日で急に気温が上がった。

完全に夏だ。

窓辺で見上げる真っ青な空と立体感のある白い雲に胸がざわつく。

外に出ろよと急かされているようで憎たらしい。

安息の地である夜のしじまも影響を受けている。

深夜に吹き込む風は涼しいけれど、日中にこもった熱がなかなか冷めてくれない。

梅雨が待ち遠しい。

 

 



f:id:vanirain:20170523105639j:image

 

或るニートの朝3

いつものように深夜の静寂を堪能した。

夜は生きやすかった。

真っ暗な部屋…青白いテレビの明かりと…その画面に幸せそうな女の子。

唯一の安らげる空間だ。

 

画面の中の日常は30分足らずで幕を閉じる。

少し寂しいなと想いつつ、時計を見遣ればもう夜明けが迫っていた。

秒針に急かされこみ上げる不安に顔がひきつる。夜のしじまを諦めて寝室へと向かう。歯磨きを済ませておいてよかった。

 

空腹はピークに達していた。眠剤投入のタイミングとしてはこの上ない。

が、しかし…薬入れを開けて悩む。

残薬が少ない。抗不安薬で代用しても良いけど、そっちはさらに損耗が激しい様子。

最近耐性もついてきた。そろそろ断薬の時期か…?

 

そうして、今日の夜明けは眠剤無しでやり過ごそうと決めた。

薬を飲まないならと、込み上がる胃酸を抑える為ブラックサンダーを齧る。安い割にカロリーも高かった気がするしサイズ感もちょうど良い。何より美味しい。優秀。

 

 

…短針は依然として右下でだらけている。なんだか動悸がしてきた。眠気は来ない。気づけば空も白んできた。窓を開けてみれば東の空にポツンと明けの明星。

気高いその光は白い朝の気配に飲まれまいと、その存在を鋭利に訴えていた。

なんだか救ってやるような傲慢な気分で、その煌めきを写真に残す。縮こまった明星は不憫に思えて、焦点を外した。

これで存在は伝わるだろう。



f:id:vanirain:20170512114113j:image



カーテンを閉め、逃げるように布団に潜る。

まだ眠気は来ない。不安だけが秒針のリズムで肺を包み込む。背すじを這い上がる。

 

どれくらい経っただろうか。もうすっかり朝だった。身震いする。

そろそろきつい。断薬はものの数時間で諦める事として、眠剤を口に放り込んだ。

布団に戻り、amazarashiを聴きながら理性が歪むのを待つ。…1h待っても来ない。中途半端に減薬したのが原因か……追加する。

 

…………来ない。理性を溶かす酩酊が、さしあたっての生きる意味が。

少し絶望して、なんだか自棄になって、安ワインを流しこんだ。…凄く不味い。即座に水で洗い流して、寝室に戻る。

足も思考もふらつかせ、よく分からないままカーテンの陰に座り込む。窓越しに人の声…いつの間にか短針は起き上がっていた。

その事に意味もなく落胆して、項垂れた視線の先…スマホを意味もなく手に取った。

そうして、今に至る。

 

すっかり眠るタイミングを見失ってしまった上に、ただでさえ不足気味の眠剤をムダにしてしまった。

今日はこれからどうしようか……明日は…今年は…将来は…人生は。いつもの思考のループ。

死にたいのかな、生きたいのかな。

生きる意味は…?

うっかり誰かに洩らせば、馬鹿馬鹿しいと返ってくる疑問。それはそうだ…1年前ならこんなこと思いもしなかった。

 

多分今日も、そんな物とじゃれあって夜を待つ。苦痛なだけだ…何も出てこないというのに。やっぱり馬鹿馬鹿しい。もう選ぶだけだというのに。

 

それにしてもあのワイン、どうしようかな…('A`)

 

 

 

 

 

 

 

 

月がきれい

眠ってばかりいる。

その理由はおそらく…理由が無いからだと思う。

起きる理由が無いから。目的が、義務が無いから。

(やるべき事は幾らでもあるのだけれど)

どこかへ行く必要もないニートな上に、起き上がってまでやりたい事も無い。それに起きていても憂鬱なだけだ。だったら意識なんてない方がいい。わざわざつらくなる必要は無い。

 

憂鬱は水の底に居るみたいだ。

息苦しくて重苦しくて、見渡す限りの見渡せない程の真っ暗で、どこか薄ら寒い。

 

でもここから抜け出してはいけないんだと、最近は思う。

勿論抜け出せば生きやすくはなるだろう。

ステップを踏めば何らかのカタチで社会復帰出来るかもしれない。

そうなれば…増えていく人間関係の中、周りと同じ様に呼吸をして、適度な忙しさに身を委ねて、次第に余計なことは考えなくなるだろう。

 

でも、それじゃダメだと何かが訴える。

 

僕は死にたいんじゃ無いのかと。

生きやすくなってはいけないだろと。それは甘えだと。そんなことをしたら、生きたくなってしまうだろと。虚無から目を逸らしてしまうだろと。

死にたいのならとことん生きづらくなれよと。人間関係に癒やされるな、薬に癒されるな、世間に溶け込んで落ち着くなと。

こうなるともう、生きたいのか死にたいのか分からなくなってきた。

 

 

いつか死んですべて無駄になるのが怖いから今死にたい。でもなかなか死ねない。

日々襲ってくる憂鬱がつらい。楽になろうと薬を飲む。

…それは生きる為の行為ではないのか。

鬱に殺されないよう、死から逃げているんじゃないのか。僕は本当に死にたいのか…?

 

 

なんだか二元論みたいな変な思考になってきた。人間は…僕は、そんな単純な理屈で動けないはずだ。それでも理屈にいつまでも囚われてしまう。

 

 

 

ああ…なんだか部屋の空気が淀んでいるような気がする。

憂鬱がたむろしているようで、逃げるように散歩に出た。今が深夜でよかった。

今夜は月がきれいだ。

ついでに「月がきれい」の放送日だ。

(誰かの中学生活を過去からそっと切り取ってきたような深夜アニメ。透明な雰囲気と謎のノスタルジーに胸が詰まる。まあ中学ほとんど行ってないけど)

僕のような青春こじらせた人が視聴すると、頭を掻きむしったり叫びたくなったりするので注意してください。

 

 

まだ夜は肌寒い。

帰ったら熱い紅茶でも飲もうかな。

 

Lia - Spica (New arrange) - YouTube


f:id:vanirain:20170508014006j:image

 

 

 

 

 

戯れ言


数か月前から死にたくなった。

 

どう生きようと、どうせ死ぬから。

 

たとえどれだけ幸福な人生を送ろうと死んでしまえば全てが無に帰してしまう。その底抜けの虚しさが怖くて怖くて仕方なくなった。

そんな当たり前で残酷な事実(?)から、目を逸らせなくなった。ずっと認識はしていたけれど、意識していなかったことだった。

 

 

この考えが浮かんできたのは今年の1月頃。ちょうど鬱状態が一番酷い時期だった。

うまく働かない頭を、殆ど何も手につかない毎日を、この考えが支配した。苦しかった。

そんな折、ニヒリズムに行き着いた。

(行き着いたというより見ようとしていなかっただけでずっと近くにあった)

 

いまの思考はまさにこれだと思った。

その出逢いは臆病な僕に自信を持たせた。

自分と同じ考えの人が大勢いるんだ、と。

そんな凄い考えに自分は独りで行き着いたんだ、と。

それだけで自分が世間に認められた様で異様に嬉しかった。

(偏った家庭で育ったのでこの辺の思考は…)

当然この出逢いにより、虚しさは日に日に増していった。

 

そうしてニヒリズムに囚われる一方、頭の片隅では『鬱さえ治ればこんな考えも消えるだろう…』とも思っていた。それだけがひとまずの希望だった。やっぱりニヒリズムは苦しい。

 

 

そのうち処方された薬のおかげかうつ状態は脱した。

でも、それは消えてくれなかった。

 

 

だから生きる理由を探した。

これをする迄は、絶対に死ねない…という事柄を。

いずれ死ぬのだとしても、すべて消えてしまうのだとしても。せめて、それまでの間…この世界にしがみつかせてくれる何かを。

死ぬ迄この胸を焦がし続けてくれる何かを。

この人生に生きる意味を、価値を…見出そうとした。

 

でも、何も見つからなかった。

何も見ようとせず、何も聞こうとせず、歩かされるがまま歩いて来た空っぽの自分の中には、そんなものは見当たらなかった。

 

未熟な僕の狭い視野では見つからないだけかもしれない。探す努力が足りないのかもしれない。それでももう…面倒になった。思考は停滞した。

 

 

 

(ここで、臆病で卑怯な僕だからいつものように予防線を張る)

 

…もしかしたらこれは漠然とした希死念慮では無く、ただのワガママな自殺願望なのかもしれない。

 

目の前に迫る現実。

ドロップアウトした自分を待ち受けるであろう…所謂“負け組”な未来への不安や恐怖。

(人生に負け組も勝ち組も無いことは置いておく)

そんな風に“お先真っ暗”と決め付けて、自ら閉ざしてしまった未来を切り拓かんとする努力……から逃げ出したいだけの惰弱で幼い精神。

本当はこんな理由なのかもしれない。

 

現に働きもせず学びもせず明日を先延ばしにしているだけの僕は、この可能性を否定できない。

 

 

まあ…そもそも心なんて複雑で繊細なものが生み出す意思に、絶対の…唯一の理由なんて無いのかもしれない。

 

とか言って今夜は一先ず逃げたい。

さっきから自殺願望が酷くて虚しくて堪らない。書き出せば少しはラクになるかと思ったけれどそんなことも無さそう。とにかく眠剤を流し込んで、この絶望的な虚無感をやり過ごそうと思う。

 

 

死ぬことばかり考えてしまうのは きっと生きることに 真面目すぎるから

 Ω Amazarashi - The Reason why i thought i'd die 僕が死のうと思ったのは Ω - YouTube

 

 

 

ああ…本当にそうだといいな…

ニヒリズムなんか忘れて、明日だけを見つめていたい…

 

そろそろ寝ます。実は眠剤で朦朧としながら書いてたんだ。

 

じゃあ…また今度('A`)

 

 

 

 



f:id:vanirain:20170523110115j:image

或るニートの朝2

夜明け前、いつものように眠剤を流し込む。

 

いつものように朦朧した頭で、いつものように、無性に淋しかった。いつものように感傷的で、いつものように憂鬱なもうろう状態。

今朝は少し浸り過ぎたようで、気づけば朝を迎えてしまった。

 

最近は…というかここ数カ月は、この明け方の朦朧の為だけに一日をやり過ごしている。

ほかには本当にろくな事をしていない。死んだ様な日々だ。

 

障子越しの水色には、もはや夜の残滓は感じられないが、副作用の残り滓がどこかへ行きたいと叫ぶ。

日中の外出への不安も朦朧で包み込み、自転車を引っ張りだせば朝に走らせた。


f:id:vanirain:20170505063543j:image

いつもの朝日を拝みいつものコンビニに向かう。食料諸々を買ったのち、コンビニ近くの知らない公園へ。

休日のまだ閑静な公園、ベンチに座って早朝の瑞々しい空気と煙草の煙を取り込む。

朦朧とした頭は未だに妄想を吐き出し続けているが、そんなのはぼんやりと無視しつつ煙を吐き出す。芝や雑草が青々しい。朝露が陽の光を思い思いに煌めかせていた。

 

早起きの老人がやって来たので、すぐさま自転車に飛び乗り帰路につく。

 

全身で忌々しい朝の風を感じながら、薬で呆けた顔で漕いだ。

そうやってなんとか家まで辿り着き、コンビニで買った食料を口へ運びながら、今これを書いている。

 

今食べているのはおろしうどんだが、こんなもん買った覚えは無い。ついさっきの出来事ではあるけども。

第一、うどんを食べるなら冷凍うどんのストックがある。

まあこれも副作用だから仕方ないけど、たまに呻きたくなる様な行為をしでかすから困る。

まあ、そんなのが最近は日常茶飯事。

 

 

それで…現在に筆が追いついてしまった。

 

ああ…早く夜にならないだろうか…('A`)